貸切バスの料金について理解しておく

貸切バスの料金について理解しておく 貸切バスを利用したい方の中には料金がまずは気になる人が多いでしょう。やはり料金については事前に納得をした上で利用したいものです。複数名で利用することになるため、誰にとっても不満が出ないようにできるだけリーズナブルな料金の貸切バスを利用したいと考えている方も少なくありません。それでは貸切バスの料金設定はどのようになっているのでしょうか。

まず貸切バスというのは基本的にバスの種類によって料金が異なっていることを理解しておきましょう。貸切バスの種類はさまざまです。大型バスから中型バス、小型バス、さらにはマイクロバスやミニバスといったものもあります。さらにこれらのバスにサロンが付いているようなものもあります。トイレやリフトがつけられていたりと設備が豊富に整っているバスもあります。
同じタイプのバスであっても異なるグレードの車両を用意しているバス会社もあります。これらの違いによって貸切バスの料金にも差が生じてしまうため注意しましょう。また、バスの料金は基本料金だけではなく運転手の費用やガソリン代も支払わなければなりません。この点についても細かく把握しておきましょう。

また利用する時期も料金に影響を与え、例えば閑散期ならば料金は安く設定されています。これはバスを利用する人がそもそも少ない時期のためバス会社としてはできるだけ利用者を集めるために料金を安く設定しているのです。貸切バスの閑散期としてはゴールデンウィーク後や7月の上旬、あるいは12月の中旬から1月の上旬頃となっています。もし貸切バスを利用する時期をある程度に自由に動かすことができるならば、できるだけ閑散期を狙ったスケジュールにしておくと良いでしょう。
逆に繁忙期というのはたくさんの予約がバス会社の方に殺到する時期であり、この時には貸切バスの料金は高くなってしまうため注意しましょう。繁忙期としてはゴールデンウィーク、6月の下旬、あるいは7月の中旬から11月の下旬となっています。この時期に利用しようと思っても、なかなか予約が取れなかったり、仮に予約できたとしても料金が通常よりも高くなっていることが多いため気をつけましょう。リーズナブルに利用したいならば、時期を定め狙うことも大切です。

さらに曜日についても考えておきましょう。曜日ごとに異なる料金が設定されているのも特徴でしょう。基本的には土曜日や日曜日、祝日になると料金は高くなる傾向にあります。平日の中でも料金の違いはあり、月曜日と水曜日はお得になっていることが多いでしょう。金曜日は平日といえども利用されるケースは増えています。これは翌日が休みであり飲みに行く人が多いからでしょう。飲み会のために貸切バスを利用するケースも多く見られます。あるいは金曜日の夜からバスを利用して旅行へ出かけたり、合宿に出発するといったケースもよくあります。

利用時間と走行距離についても考えておくことが大切です。これら2つの要素は貸切バスの料金に大きな影響を与えるからです。短い時間だけ利用したり、短い距離だけ利用するならば当然料金は安くなります。しかし長時間利用したり、長距離の移動を続けてしまうと料金は高くなるでしょう。観光スポットを事前に確認してできるだけ無駄にバスを利用しないようにしましょう。最小限の時間と距離だけ貸切バスを利用するようにすれば結果的にコストをかなり抑えられるのです。

これから貸切バスの利用を考えている方は、上記の点に注意をして利用しましょう。そうすることで納得できる価格で貸切バスをお得に活用できます。貸切バスを利用することができれば、さまざまなメリットを得ることができるでしょう。

最新ニュース